トップページ >  > ニキビができる原因について考えてみましょう。

ニキビができる原因について考えてみましょう。

誰もがニキビに悩んだ経験があるといっても過言ではないくらい、ニキビはよくある肌トラブルのひとつです。10代の頃の思春期ニキビがやっと落ち着いたと思ったら、今度は大人ニキビに悩まされているという人も多いのでは?でも意外とニキビができる原因やしくみを正しく理解していない人が多いようです。ニキビをキレイに治したり、予防したりするためにも、ニキビができる原因をしっかり学んでおきましょう!

ニキビができるプロセスとは?

ニキビはある日突然できてしまうもののように思われがちですが、実は表面に見えていない状態である程度の時間をかけてできています。では、ニキビはどのようなプロセスでできているのでしょうか?

1st stage:ニキビのでき始め

正常なお肌であれば毛穴の出口は開いた状態ですが、男性ホルモンや皮脂の分解産物の影響によって角質肥厚が生じ、毛穴の出口が狭くなったり、ふさがれたりします。

2nd stage:白ニキビができる

角層の角化異常によって毛穴の出口が狭くなると、皮脂が毛穴の中に溜まるようになります。アクネ菌がそれをエサにして過剰に繁殖し、毛穴内は炎症を起こします。毛穴はふさがれた状態になってしまうため、塗り薬もなかなか浸透しません。

3rd stage:炎症が起こる

アクネ菌の過剰繁殖により炎症が起こると、毛穴の周りも赤く腫れ上がるようになります。この状態で「ニキビができてしまった!」と自覚する人が多いようです。やがて毛穴内や毛穴の周りに白血球が集まり、アクネ菌を退治し始めます。

4th stage:ニキビ跡ができる

炎症が進行すると毛穴の壁が壊れてしまい、炎症がさらに広がる可能性もあります。このように炎症が強くなりすぎると、凹んでクレーター状の陥没が残ることもあります。一般的にクレーター状の陥没はニキビを潰すとできると思われているようですが、必ずしもそうではなく、炎症の強さによるものなのです。ちなみに炎症の強さは体質によるものなので、どうしても跡が残りやすい人もいるわけです。

思春期ニキビと大人ニキビってどう違うの?

ニキビには10代の頃にできる「思春期ニキビ」と、20代以降にできる「大人ニキビ」があります。思春期ニキビと大人ニキビとでは、できる原因や発生する部位も違います。それぞれの特徴をわかりやすく説明します。

思春期ニキビ―10代にできるニキビの原因とは?

思春期の頃は一時的に男性ホルモンの分泌が盛んになり、それが毛穴の中にある皮脂腺を刺激して、皮脂が過剰に分泌されます。先ほどニキビができるプロセスで説明したように、この男性ホルモンの過剰分泌によって角質肥厚が生じ、ニキビができてしまうのです。しかし、成長に従って男性ホルモンのバランスが正常に戻ると、過剰に分泌されていた皮脂も徐々に少なくなり、ニキビも自然にできなくなっていきます。思春期ニキビはおでこや鼻の周りなど、いわゆるTゾーンにできやすいのも特徴です。

大人ニキビの主な原因とは

大人ニキビはストレスによる男性ホルモンの過剰分泌や、お肌のターンオーバーの乱れによる角質肥厚など、ホルモンバランスの乱れや免疫低下などのほか、肌の乾燥による角栓のつまりが原因と言われています。これらはストレスを始め、不規則な生活や睡眠不足、偏食、運動不足など、生活のあらゆることが影響しています。大人ニキビはあごや口の周り、フェイスラインなど皮脂の分泌が比較的少なく乾燥しやすいUゾーンにできやすく、治りが悪い上にニキビ跡が残りやすいのが特徴です。

思春期ニキビも大人ニキビも、原因は異なるものの皮脂の分泌がニキビの発端であることがわかりました。思春期ニキビの場合は成長過程におけるホルモンバランスの関係で生じるため、なかなか予防が難しい部分もあります。一方、大人ニキビは日々の生活習慣の見直しや正しいスキンケアによって、防げるケースも多そうです。

大人ニキビを防ぐ生活習慣とは?

大人ニキビに悩んでいる人も、日々の生活習慣を見直すことでニキビの発生を予防できます。美肌をキープするためにも、ニキビができてからの対症療法ではなく、未然に防ぐ習慣を身につけましょう。では、具体的にどのようなことに気をつければよいのかチェックしてみましょう!

規則正しい生活でホルモンバランスの乱れを防ぐ!

ホルモンバランスの乱れがニキビができる原因につながるというお話をしましたが、規則正しい生活をすることでホルモンバランスを整えることができます。多忙な現代人にとってはなかなか難しいかもしれませんが、お肌の再生に関わる成長ホルモンの正常な分泌を促すためにも、体内時計が乱れないように毎日同じ時間に就寝・起床するなどの心がけが大切です。

睡眠時間を多くとってお肌の免疫力UP!

睡眠不足になるとお肌の免疫力が低下するため、ニキビができやすくなります。しかも、ニキビが大きくなったり、赤く腫れやすくなったりするため、クレーター状の陥没が残る可能性が高くなってしまいます。ニキビを予防するためには、毎日6時間以上の睡眠を取るようにしましょう。

バランスのよい食事でお肌に良いビタミンを取ろう!

基本は偏食を避け、バランスの取れた食事をすることですが、ニキビ予防に効果的な栄養素もあります。それは皮脂の分泌を抑える効果があるビタミンB1とB2、血流を改善して角化異常の発生や色素沈着を防ぐビタミンEです。さらにニキビの原因になりうる便秘に効果的な食物繊維もオススメです。毎日の食事の中に上手に取り入れたいものですね。

適度な運動

適度な運動をすることで新陳代謝が上がり、お肌の老廃物の排出も促されるようになります。また、適度な運動はストレス解消にもつながります。なかなか運動する機会がないという人は、ウォーキングや軽いジョギングなどから始めてみてはいかがでしょうか?

大人ニキビを防ぐスキンケアやメイクの選びかたは?

生活習慣の見直しと一緒に行いたいのが、ニキビを防ぐためのスキンケアやコスメです。毎日使うものなので、お肌に合ったものを使うことはもちろん、ニキビ悪化を防ぐタイプのファンデやニキビケアに適した成分が入っていてきちんと浸透するスキンケア化粧品を選びましょう。
またメイクに使う下地やファンデなども肌荒れを起こさないものをなるべく使うようにしましょう。

油分を控えたスキンケア

アクネ菌は油分を栄養にして繁殖するため、油分の多いスキンケア用品の使用は控えましょう。特に乾燥が気になる方は、アクネ菌の栄養になりにくい油分だけで作られたノンコメドジェニック製品もあるので、試してみるのもよいでしょう。 ビタミンC誘導体配合の化粧水は皮脂を抑え、ニキビ跡の赤みを薄くする作用もあるためオススメです。お肌が乾燥すると角質の厚く硬くなり、毛穴をふさいでしまうこともあるので、ビタミンC誘導体配合の化粧水で水分を与え、その上から油分の少ない保湿美容液を塗るなどして柔らかいお肌をキープすることが大切です。

メイクには油分の少ないパウダーファンデーションがおすすめ

ニキビの悪化を防ぐためにも、使用するメイク用品にも注意が必要です。油分を含んだクリームタイプのファンデーションはニキビを悪化させる可能性があるので、パウダーファンデーションを選びましょう。化粧下地にも油分が含まれているので、保湿美容液を塗った上からパウダーファンデーションを塗ります。粉浮きしてつきにくい場合は、保湿成分が配合されているパウダーファンデーションを選ぶとよいでしょう。ニキビ部分をカバーしたい時は、その部分のみコンシーラーを使用します。

週に1回のホームピーリングで角質ケア

生理前は黄体ホルモンによって皮脂分泌が活発になるため、ニキビができやすく悪化しやすい時期です。そこでオススメしたいのが、余分な角質を除去して毛穴の詰まりを防ぐピーリングです。ピーリングコスメにも拭き取るタイプや洗い流すタイプがありますが、お肌への負担が少ないのはミルクかジェルの洗い流すタイプです。生理前だけでなく、普段からピーリングケアを取り入れるとよいでしょう。


ニキビができる原因やプロセスを知ることで、正しく予防することができると思います。ニキビのない美肌目指して日々頑張りましょう!

ニキビを治す方法のおすすめ記事

ニキビ治し方

生理前ニキビについて
繰り返しできる大人のニキビ
それは生理前にできてません?
心当たりのある方はこちら!
ニキビ予防について
ニキビはできてしまってから対策するより、予防するほうがはるかに簡単で重要です。
10代の思春期ニキビ
10代のニキビは皮脂を取り除くだけではダメ!思春期ニキビのケアに大切なこととは?
肌の乾燥がニキビに!?
大人ニキビの多くは肌の乾燥が原因って本当!?頬やあごにニキビができる人はこちら!
1週間ニキビ集中ケア!
私が使ったのはこのニキビケア
今まで色々なニキビケア化粧品や市販のニキビ薬を使ってみたけど いまいちだったり、逆にニキビが悪化することもあった私ですが、 同じように大人ニキビで悩んでいた同僚や先輩が使って良かったと 言っているニキビケアをわたしも試してみました!その中でもわたし が選んだこれはすごく良かったです!1週間でほぼ治っちゃいました!
1週間で治った!?私のニキビ集中ケア
10代の頃の思春期ニキビがやっと落ち着いたと思ったら、今度は大人ニキビに悩まされているという人も多いのでは?でも意外とニキビができる原因やしくみを正しく理解していない人が多いようです。ニキビをキレイに治したり、予防したりするためにも、ニキビができる原因をしっかり学んでおきましょう!