トップページ >  > ニキビができてしまったら・・対処法を知っておこう

ニキビができてしまったら・・対処法を知っておこう

ニキビができないようにスキンケアや食事、睡眠時間などに気をつけていても、やっぱりできてしまうことってありますよね。注意をしていただけにショックが大きい時もありますが、ただ落ち込んでいてもニキビは治りません。ニキビができてしまったらどうすればいいか、一緒に勉強しましょう!

初期ニキビの対処法とは?

ニキビは成長段階によって名称や特徴が違います。そのため、それぞれの段階に合った正しい対処法を知っておく必要があります。まずは炎症を起こす前の初期段階のニキビについて説明します。

白ニキビ

男性ホルモンや皮脂の分解産物などの影響で角層が角化異常を起こし、毛穴が狭くなることで皮脂が毛穴に詰まり、お肌にポツンとした白い点のようなものが見えるような状態です。毛穴の中はアクネ菌が溜まった皮脂をエサにして繁殖し、炎症を起こし始めます。

黒ニキビ

白ニキビの毛穴が開き、酸化した皮脂やメラニン色素などによって黒く見える状態です。必ずしも黒ニキビになるとは限らず、白ニキビから赤ニキビになる場合もあります。


白ニキビや黒ニキビができてしまったら、丁寧な洗顔を心がけ、しっかり保湿します。よく「ニキビができないように、洗顔後は化粧水しか使わない」という声を聞きますが、これは大きな間違いです。確かにオイルやクリームなどに含まれている油分はアクネ菌が繁殖する原因になるため、避けた方がよいのですが、保湿美容液などで十分な保湿をすることで毛穴の詰まりを解消することができるのです。また、ピーリングコスメで余分な角質などを除去するのも効果的です。

洗顔は刺激の少ないシンプルな固形石鹸を使うとよいでしょう。洗顔後のお肌のつっぱり感を防ぐうるおい成分配合の洗顔料には油分が含まれており、洗顔後もそれがお肌に残ってしまうため、ニキビにはよくありません。固形石鹸をしっかりと泡立て、その泡で包み込むようにして洗います。この時、直接指でニキビを触らないように注意しましょう。ニキビを早くキレイに治す鉄則は触らないことなのです。また、必要な皮脂をも奪ってしまうので、洗顔のしすぎは禁物です。

白ニキビや黒ニキビといった炎症のない初期段階のニキビの場合、お肌を清潔な状態に保ち、水分と皮脂のバランスを整えることが大切なのです。

炎症を起こしたニキビの対処法とは?

続いて炎症を起こしてしまっているニキビの対処法です。炎症が進むと化膿することもあります。その場合、クレーター状の陥没のニキビ跡が残る可能性が高くなるので、その前に防ぎたいものです。

赤ニキビ

白ニキビや黒ニキビが悪化して毛穴の中で炎症が進み、毛穴周辺まで赤く腫れ上がった状態です。毛穴内や毛穴周辺には白血球が集まって、アクネ菌を攻撃します。

化膿したニキビ(黄ニキビ)

赤ニキビがさらに悪化して、炎症が激しくなった状態です。先端に化膿して黄色い膿が見えるため、黄ニキビとも呼ばれます。このように強い炎症が起こると、クレーター状の陥没が残る可能性が非常に高くなります。

赤ニキビや黄ニキビにまで進行してしまったら、皮膚科に行くことをオススメします。多くの場合、外用レチノイドと呼ばれる塗り薬や抗菌薬(塗るタイプも飲むタイプもあります)で炎症を抑えたり、アクネ菌を殺菌したりして治療することになります。

家では引き続き丁寧な洗顔と十分な保湿を心がけるとよいでしょう。また、寝不足がニキビの炎症をエスカレートさせることもあるので、十分な睡眠時間を確保するようにしましょう。毎日6時間以上の睡眠が理想です。

赤ニキビや黄ニキビになるとプツッと腫れて目立つようになるので、ついつい触ってしまったり、プチっと潰したくなったりしまいがちです。しかし、炎症を起こしているこの段階で潰してしまうと、雑菌が入って更なる悪化を招いてしまうので、絶対にやってはいけません。

自分でニキビを潰すのもあり!?正しいニキビのつぶし方

ニキビを早くキレイに治す鉄則は「ニキビに触らないこと」ですが、ひとつだけ例外があります。それは初期段階のうちにニキビの芯だけを上手に押し出す処置をすることです。ただし、注意しなければならないことも多いので、必ず正しいやり方をマスターしてから行うようにしましょう。くれぐれも炎症を起こしてしまったニキビには禁物です!

正しいニキビの潰し方とは?

繰り返しになりますが、潰していいのは白ニキビや黒ニキビといった、炎症を起こしていない初期段階のニキビ限定です。お風呂上がりなど、お肌が柔らかくて清潔な状態で行います。コメドプッシャーと呼ばれる専用の器具を使って、ニキビの芯を優しく押し出します。コメドプッシャーがない場合は、2本の綿棒を使ってもOKです。もしうまく出ない場合は、無理に強く押すのはやめましょう。ニキビ芯が出てきたら、清潔なピンセットなどで取り除きます。ニキビ芯を抜き取った後は穴が開いた状態になっているので、消毒をして雑菌が入らないように注意してください。

うまくニキビが潰せない場合は?

自分ではなかなかうまくできない場合は、皮膚科でも同じような処置をしてもらえます。面ぽう圧子と呼ばれる専用の器具(コメドプッシャーと同じような器具です)を使用して、ニキビ芯を押し出して取り除きます。保険が適用される治療です。


ニキビができてしまったら、まずは初期段階のうちに治すことを心がけましょう。早めに正しい方法で対処すれば、ニキビの悪化は防ぐことができるのです。ニキビができないようにすることが理想ではありますが、もしできてしまった場合は、今回学んだことを実践してみてくださいね。

ニキビ治し方

生理前ニキビについて
繰り返しできる大人のニキビ
それは生理前にできてません?
心当たりのある方はこちら!
ニキビ予防について
ニキビはできてしまってから対策するより、予防するほうがはるかに簡単で重要です。
10代の思春期ニキビ
10代のニキビは皮脂を取り除くだけではダメ!思春期ニキビのケアに大切なこととは?
肌の乾燥がニキビに!?
大人ニキビの多くは肌の乾燥が原因って本当!?頬やあごにニキビができる人はこちら!
1週間ニキビ集中ケア!
私が使ったのはこのニキビケア
今まで色々なニキビケア化粧品や市販のニキビ薬を使ってみたけど いまいちだったり、逆にニキビが悪化することもあった私ですが、 同じように大人ニキビで悩んでいた同僚や先輩が使って良かったと 言っているニキビケアをわたしも試してみました!その中でもわたし が選んだこれはすごく良かったです!1週間でほぼ治っちゃいました!
1週間で治った!?私のニキビ集中ケア
ニキビができないようにスキンケアや食事、睡眠時間などに気をつけていても、やっぱりできてしまうことってありますよね。注意をしていただけにショックが大きい時もありますが、ただ落ち込んでいてもニキビは治りません。ニキビができてしまったらどうすればいいのでしょうか・・