ニキビの治し方について〜正しいニキビケアをするために知っておきたいこと!

ニキビを治すために効果的な方法とは?

頬のニキビやアゴニキビ、額や鼻などポツポツと赤ニキビや白ニキビが出来てしまったら、市販のニキビ薬やニキビ用の軟膏を塗ることで早く治ることがあります。より早くニキビを治すためには、寝てる間のニキビ薬と毎日のニキビ化粧品によるスキンケアがとても効果的です。

 

ニキビケア化粧品による毎日のスキンケアは、今あるニキビを悪化させないためや、これからできるニキビ予防などニキビを治す方法と併用することでより早くニキビを治すことが可能です。
ニキビが悪化してニキビの芯ができてしまう前のケアがとても大切!皮膚科でニキビ治療を行うほどニキビを進行させる前にニキビを治しましょう。

 




 

おすすめのニキビ化粧品はファンデーションや皮脂などによる毛穴の詰まりを防ぐ洗顔、保湿がしっかりできビタミンCでニキビやニキビ跡のケアができるタイプです。
ニキビエンジェルおすすめのニキビ化粧品ランキングも参考にしてください。

 

ニキビを治すときやニキビ集中ケアにおすすめのニキビ化粧品

ビーグレン ニキビケアトライアルの特徴
ビーグレンのニキビケアは、毛穴の中に入り込んで皮脂や汚れを吸着できる「天然クレイ」の洗顔料がとってもおすすめ!また、潤いを保つ保湿美容液、ニキビの炎症を抑えたりニキビ跡を修復する効果があるピュアビタミンC配合したニキビケア化粧品です。
価格
税抜き 1,800
評価
評価5
備考
送料無料
365日返金保証

Nov ACアクティブトライアルセット

ノブACアクティブの特徴
ノブACアクティブはニキビ肌に特におすすめのマイルドピーリング処方の洗顔料で毛穴すっきり洗顔が魅力!
保湿力も高く、ビタミンC誘導体も配合しているので、ニキビケアにとても人気があり評判も高いです。美白もできるニキビケアとして、色素沈着したニキビ跡対策にも選ばれています。
価格
税込 1,620
評価
評価4
備考
送料無料
大人ニキビ肌ガイドブックなど豪華3点セットプレゼント!

VCスターターセットの特徴
ビタミンCで選ぶならコレ!
シーボディのVCスターターセットにはビタミンC誘導体の約200倍浸透するスーパービタミンC誘導体「VC200」を配合しています。

繰り返すニキビにはお肌にビタミンCを届けることが大切です。一日でも早くニキビを治したいならまず7日間のお試しで!
価格
1,800
評価
評価4
備考
送料無料
30日間返金保証

ニキビ化粧品の選び方|どこに注目すればいいの?

ニキビを治したいとき、ニキビ予防ケアを行うときに迷うことの一つにニキビケア用の化粧品選びがあると思います。
色々な化粧品メーカーから様々な種類のニキビ化粧品が販売されていますが、実際どれが自分にピッタリなのか使ってみないと判断できないと思います。

 

そこでニキビエンジェルがニキビ化粧品の選び方を伝授いたします!

 

ニキビ用の洗顔料選びはかなり重要!

ニキビを予防したりニキビを治すには洗顔は非常に大切です!
洗いあがりのさっぱり感だけで選ぶのは間違いです。

 

特にダブル洗顔不要など最近の洗顔料は皮脂汚れやメイク汚れを落としやすい反面、ニキビ肌には不向きです。
その理由は合成界面活性剤により皮脂を取り過ぎてしまったり、高い洗浄力ゆえの刺激が炎症を起こしたニキビ肌には強すぎるからです。

 

ニキビを治したり予防するためには毛穴の中を詰まらせる古い角質やファンデーションなどのメイク汚れ、皮脂などを取り除くことがとっても大切です。

 

ですから、ニキビ洗顔料なら古い角質を落としてくれるピーリング効果のあるタイプ、毛穴の奥まで入り込んで汚れを落とすタイプが最も適しています。

 

 

ニキビ化粧水選びは保湿力の高いものを

ニキビに限らずお肌は乾燥することで肌荒れなど様々な肌トラブルを起こしてしまいます。ところが、ニキビができるとなぜかさっぱりタイプのニキビ化粧水を選ぶ人が多いのです。

 

理由は皮脂を抑えたいという気持ちからお肌をさっぱりさせたいと思うからだと思います。
しかしこれは大きな間違いだということを知っておきましょう。

 

特に大人ニキビと呼ばれている20代以上の方の頬やアゴにできるニキビは肌の乾燥が1つの原因です。
その証拠にカサカサしがちな頬やアゴ、口のまわりなどに赤く炎症をおこしたニキビができやすいことが多いと思います。

 

お肌の乾燥がニキビの原因といわれるのは、乾燥することでお肌の角質が固くなり毛穴を詰まらせてしまうからです。詳しくはこちらのページでも詳しく書いておきましたのでご覧ください。

 

お肌の乾燥を防ぐため、ニキビ化粧水を選ぶときは保湿力が高いものを選んでください。
特徴としては「セラミド」「ヒアルロン酸」などの保湿成分を配合したニキビ化粧水などが特に保湿力に優れているといえます。

 

 

ニキビを治す集中ケアにはビタミンC誘導体が効果的!

ビタミンCはスキンケアや美容に詳しい人ならもちろんご存知だと思いますが、「お肌の万能薬」と呼ばれるほど肌にとてもよい働きをしてくれる成分の一つです。

 

ニキビに関することといえば、ニキビの炎症を抑える働きはもちろん、炎症によってできてしまったニキビ跡の赤みや色素沈着を薄くしてくれる美白効果があります。

 

また、ニキビができることによって傷んでしまったお肌をいちはやく元の健康な肌に戻す手助けをしてくれる働きもあります。

 

ニキビが治っても同じところにまたニキビができてしまうのは、肌の力が回復してない部分の毛穴が炎症を起こしやすいからです。

 

繰り返しできるニキビを予防するためにもビタミンC誘導体の集中ケアはとても効果的です。

 

 

 

ニキビができてしまったり治りにくいのには必ず原因があります

治ったと思ってもまたニキビができてしまった経験はありませんか?しつこくニキビが居座ってしまってここぞという日に憂うつな気分を味わった方も少なくないのではないでしょうか。

 

このような治りにくいニキビができてしまうのには必ず原因があります。
いくつかの原因が重なって治りにくいニキビができてしまうことも少なくありません。

 

治りにくいニキビができる原因と対処法を知っておくことが改善への近道!じっくり取り組んでいきましょう!

 

 

食事

不規則で偏った食事を続けていると肌へ栄養が行き届きません。
栄養が不足すると肌の免疫力が低下したりターンオーバーが乱れたりしてニキビができやすくなってしまうのです。

 

また、十分な量の食物繊維を摂取できていないと便秘体質に至ってしまうこともニキビに関係しています。
便秘になると腸内細菌のバランスが崩れて悪玉菌が増殖します。悪玉菌は活性酸素を発生させ免疫力を低下させる原因になることで知られています。

 

悪玉菌が優勢な腸内では美肌に欠かせないビタミンB群の合成が滞ってしまうことも治りにくいニキビの原因のひとつです。

 

治りにくいニキビの予防と改善には食生活を見直すことがとっても大切!

 

ビタミンB2

健康な粘膜や皮膚を作るために欠かせないビタミンです。牛レバー、うなぎ、まいたけ、納豆などに多く含まれています。

ビタミンB6

たんぱく質の合成をサポートするビタミンで健康な粘膜や皮膚を維持してくれます。カツオ、豚肉、牛肉、鶏肉などに多く含まれています。

ビタミンA、C、E

ビタミンACE(エース)は相乗効果でパワーアップすることで知られています。高い抗酸化力を持ちニキビに負けない肌を作る効果が期待できます。
ビタミンAはかぼちゃやブロッコリーに多く含まれています。ビタミンCはキウイフルーツやいちごに、ビタミンEはナッツ類やたらこに多く含まれているのでバランス良く摂れるように心がけましょう。

食物繊維

腸内環境を改善しスムーズなお通じに整えてくれます。おから、納豆、きのこ類、海藻類に多く含まれています。外食やコンビに弁当で済ませることが多い方は、海草サラダやきのこソテーを追加するような工夫で食物繊維が不足しないように心がけましょう。

 

 

睡眠

睡眠時間が少ないと自律神経やホルモンバランスが乱れて治りにくいニキビを繰り返してしまうことがあります。
つい遅くまでテレビやスマホに夢中になって夜更かしをしてしまう方やお弁当作りで早起きをしている方は、思っているよりもまとまった睡眠時間を確保できていないケースがあるようです。できるだけ6時間以上の睡眠時間を確保しましょう。

 

6時間以上ならいつでもいいという訳ではありません。

規則正しい就寝リズムで体内時計を整えることが大切です。休みの日にまとめて寝るというリズムは、体内時計が乱れてしまい肌の生まれ変わりをサポートしてくれる成長ホルモンの分泌に影響を与えてしまう可能性があるのです。

 

休みの日もできるだけ同じ時間に寝て同じ時間に起きることを心がけましょう。
美肌のためには食事よりも睡眠の方が大切だという説がありますから、思い当たる方は就寝リズムを見直してみてください。

 

ストレス

ストレスが溜まると自律神経のバランスが乱れ、副腎皮質から分泌される男性ホルモンの量が増えます。
男性ホルモンは皮脂腺を活発に働かせて皮脂の分泌を促します。必要以上に皮脂が分泌されると毛穴がつまり、毛穴につまった皮脂をエサにアクネ菌が増えて治りにくいニキビを繰り返す原因になることがあります。

 

ストレスを発散するには、適度な運動やゆったりアロマテラピーがおすすめ。
読書やバードウォッチングなど趣味の時間を確保することもストレス発散につながります。運動は苦手だしこれといった趣味がないという方には、お風呂にのんびり浸かってリフレッシュする方法があります。

 

 

メイク落とし・洗顔

美肌作りの基本ともいえるメイク落としや洗顔。ちょっとした意識の改善がニキビ予防につながります。
肌に負担をかけないようにできるだけ短時間で済ませることがポイントです。

 

すすぎ残し

生え際やフェイスラインはすすぎ残しが多い部分です。クレンジング料や洗顔料が肌に残っているとニキビの原因になったりニキビが長引いたりすることがあります。

熱いお湯でのゴシゴシ洗い

クレンジングや洗顔に熱いお湯を使ったりゴシゴシ肌を強くこすったりすると肌本来のうるおいが失われてしまうことがあります。肌は失われたうるおいを補おうと皮脂を過剰に分泌させるため、ニキビを作りやすい肌環境を作ってしまう心配があるのです。

 

更新履歴
TOPへ