ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビの原因と対処法

女性の大人ニキビの原因でかなり多いのがホルモンバランスの乱れによる皮脂の過剰分泌によるニキビです。
ホルモンバランスが原因のニキビは大きく分けて2つあります。

 

生理周期によるホルモンバランスの乱れ

生理前に増加するプロゲステロン(黄体ホルモン)の影響で一時的に皮脂が多く分泌されます。
このプロゲステロンが増加することによってできる大人ニキビの特徴は、生理が終わるころには自然と治ってくることです。

 

しかし、治ったと思うとまたしばらくするとニキビが出来始めているというような、俗にいうニキビループに陥りやすいのです。
このような繰り返しできる大人ニキビに心当たりがある人は、生理周期によって増加した黄体ホルモンによるものかもしれません。

 

更年期による女性ホルモン低下によるもの

更年期になるとエストロゲン(女性ホルモン)減少にともない、男性ホルモンの比率が高くなることによって皮脂分泌が増えてきます。

 

皮脂が増えることも問題ですが、40代を過ぎるとお肌のセラミドやコラーゲンなど保湿成分も減ってくるため、乾燥肌にもなりやすく角質が毛穴に詰まりやすくなってきます。
詰まった毛穴に皮脂が分泌されるとアクネ菌が繁殖し、毛穴が炎症を起こしニキビができてしまうのです。

 

 

ホルモンバランスの乱れによる大人ニキビはどう防ぐ?

  • 毛穴ケアをしっかり行い皮脂を詰まらせない!
  • バリア機能を維持するために乾燥からお肌を守る!
  • 美肌の基本!ビタミンC美容液を取り入れる!
  • 食事にも気を配り、ビタミン類、乳酸菌などを積極的に取り入れる!

 

身体の内側からのニキビケアは実はとっても大切!

ニキビケア用のサプリメントもあるので、ビタミン不足を感じているかたや便秘がちなかた、繰り返しニキビに悩んでいる方は、スキンケアの改善と一緒にサプリメントも試してみてください。

 

TOPへ