ホルモンバランスの乱れがにきびや肌荒れの原因に!?

肌の調子がいい時もあるし乾燥しやすく肌荒れや吹き出物、にきびができやすくなる時もあったりとお肌の調子が安定しないことってありませんか?

 

◎例えばこんな症状・・・

  • 以前から使用してる化粧品が合わなくなってきた気がする
  • 保湿ケアに気を遣っているのに肌の乾燥が治らない
  • 生理前になるとニキビや吹き出物ができやすい

もし思い当たるようなら、その肌荒れや乾燥、ニキビなどは外部環境によるものではなく、体の内部、つまりホルモンバランスの乱れによって引き起こされてる可能性が高いです。

 

お肌の弾力や水分を維持しているコラーゲンやヒアルロン酸を維持しているのは、実は女性ホルモンである「エストロゲン」の働きによるものです。

 

このエストロゲンを作る出す卵巣の機能が低下することにより、お肌の水分を維持する力も低下して肌の乾燥を招いているといわれています。

 

お肌が乾燥する=角質が固くなり毛穴を詰まらせる

 

これにより、肌荒れや吹き出物、にきびができてしまっているのです。

 

また、年齢を重ねても若く見える人は例外なくみずみずしく弾力のあるお肌を維持しています。
これは、女性ホルモンのバランスがとても良いからです。いつまでも若くみられるためにもホルモンバランスを整えることは大切だといえます。

 

 

女性ホルモンが乱れているのはこんな時!

日々のストレスが卵巣の機能を低下させている!

働く女性に多い仕事上のストレスや人間関係のストレスが実はニキビや肌荒れの原因になっています。女性はストレスを感じると卵巣の機能が低下しエストロゲンの分泌が減ってきます。 これにより肌の水分量が低下し様々な肌トラブルを引き起こしています。

排卵後から生理前にニキビや吹き出物ができやすい

排卵後から生理前に口のまわりやアゴにニキビができるのは黄体ホルモン(プロゲステロン)が増えることが影響してます。 プロゲステロンは、皮脂分泌を活発にするホルモンといわれています。 肌が乾燥しやすく角質が詰まりやすい部分にニキビやコメドができてしまうのは、生理前の黄体ホルモンの影響が大きいです。

更年期や閉経を迎えたとき

更年期は女性ホルモン(プロゲステロン)の分泌が減ってしまうため、コラーゲンやヒアルロン酸が減り、肌の水分料が低下するため肌荒れしやすくニキビや吹き出物はもちろん、シミやしわもできやすくなってきます。外側からのコラーゲン・保湿ケアやホルモンバランスの正常化を心がけることで防ぐことができます。

 

ホルモンバランスに着目した大人のニキビケア化粧品はこれだけです!

高級ダマスク・ローズのエキスが女性ホルモンのバランスを整える!
大人女子のためのニキビケア化粧品はこれです。

 

 

TOPへ